【書評】頑張ってるのに稼げない現役webライターが月収20万円以上稼げるようになるための強化書




頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書

 

こんにちは!SHIORIです。

 

今日はクラウドソーシングを利用したwebライターの第一人者・吉見夏実さん初の著書「頑張ってるのに稼げない現役webライターが月収20万円以上稼げるようになる強化書」を発売日に購入し、読了したので早速レビューします!

 

 

実はwebライターとして活動中

 

わたしは本業の他に2013年から空いている時間を活用してwebライターとして活動しています。案件は主にランサーズやクラウドワークスといったクラウドソーシングを利用して受けているのですが、未だ本業を超える月収には届かず…

 

現在はフリーランスとして独立を目指していて、安定して自分の目標額を稼げるようにいろいろ模索しているのですが、ひとりで悶々としているのには限界がある!

 

ということで、ライターの方達とSNSを通じて仲良くなれたらな、と思っていたところに吉見夏実さんの存在を知りました。

 

吉見夏実さんってこんな人!

 

1984年京都市生まれ。 小学校教員を目指して大阪教育大学に進学するも中退。その後保険会社や美容業界で働くが、2012年にたまたま登録したランサーズでWebライターを始めると4か月で月収20万円稼げるように。その後も月収が上がり続け、Webライターとして生計を立てる決意をする。ランサーズ「Lancer of the Year 2015」でママランサー賞受賞。現在はwebライティングやクラウドソーシングを活用した新しい働き方について講演するセミナー講師としても活動中。

吉見夏実さんのブログより

 

Twitterから吉見夏実さんを知ったのですが、とても気さくでサバサバした方でありながら、とにかく実績がすごい!まさにわたしの目指すお手本のような方だな、と思ったのが最初です。

 

そんな吉見さんがwebライター向けに本を出されると聞いて、今の自分に絶対必要だ!と即購入しました。

 

惜しみなくライターとしての姿勢を教えてくれている!

 

本の内容は、ライターとしての心構えを存分に教えてくれています。ライターとしてクライアントとの向き合い方から案件に対しての姿勢などを例文を交えながら解説してくれているので、とても分かりやすい文章になっています。

 

また、webライターをしていると遭遇する音信不通や契約金未払いなど、「困ったな」というシーンについての対処法などが詳しく載っているのもポイント。吉見さんが実際に使用されたメール文や、例文などが各項目に掲載されていたり、参考サイトなども載っています。

 

これ参考にさせてもらおう!という部分がぎゅぎゅっと詰まった1冊で、webライター駆け出しの頃にほしかったなあ、と心底思いました。

 

初心者からプロまでライターさんにはぜひ読んでほしい!

 

ライター活動をしていく中で、クライアントさんとの関係はとても大切。今後のお仕事に繋がっていく可能性を考えると、営業活動の重要性が書かれた部分はとても参考になりました。

 

また、所々に出てくる「文章力が全てではない」という部分は、今後ライター活動をしていくうえでとても励みにもなりました。こういった部分は、駆け出しのライターさんやプロのライターさん関係なく常に忘れないようにしたいところですし、ぜひ読んでほしいですね。

 

この本に書かれているポイントを抑えれば稼げる!

 

吉見さんのようになりたい。でもこんな風に稼ぐにはきっとすごいスキルを持っているんだろうなあ、と思っていました。けれど、「自身が持っているスキルの芽を育てよう」という言葉にハッとさせられました。

 

顔を合わせていないネットだからこそ、人との繋がりを大切にしてプロとしての意識を持つ。リアルでもネットでも「お仕事」であることに変わりはなく、相手の立場など視点を変えて考えてみると、今自分に必要なものが見えてくるように思えました。

 

この本に書かれていることは、そのまま使える実践向けなことばかり。だからこそ無駄がなく、すぐに真似できるようになっています。

 

文章力を強化する前に読む1冊

 

ライターといえば文章力で勝負だと思いがち。かくいうわたしもそうでした。もちろんそれも正解なのですが、この本は「職業:ライター」を掲げるプロとしての姿勢について主に書かれているので、新たな1歩を踏み出す時や、ふと初心を振り返りたくなった時に読んでほしい1冊です。

 

誰でもできることだからこそ、継続が難しい。すぐにはついてこない結果だからこそ、もどかしい。でも必ず見てくれている人はいるし、結果はついてくる。よし、がんばろう!と気合いが入る素晴らしい1冊でした。迷われている方には強くオススメします!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

SHIORI

1990年生まれ。日本のまんなか、海無し県出身。お米の産地在住。興味のあることは数知れず、浅く広くなつまみ食いタイプです。デジタルをこよなく愛してます。