退職を前に現在の職務経歴を書いてみた!




 

こんにちは!SHIORI(@shiori067)です。

 

実は、私情により地元を離れ新潟へ引っ越すことになり、10月末で現在のお仕事を退職することとなりました。

 

そこで今日は、今後の仕事をどうするかを考えているところでもあるので、自分の整理のためにもこの機会に今までの自分の経歴を振り返ってみることにしました。

 

卒業後に就いたファストフード店で副店長に

 

わたしは家庭の事情で大学進学が難しかったため、家計を支えるべく高校卒業後すぐにサンドイッチ専門店のSUBWAYで接客業に就きました。

SUBWAYはフランチャイズ店でしたが、当時地元では初出店だったためオープニングメンバーとして店舗の立ち上げから参加し、みんなで試行錯誤しながら営業をしていました。

 

当時はアルバイトリーダーのような立場でしたが、その後副店長に抜擢され営業や教育の難しさといった壁にぶつかりながらも毎日忙しくしていました。

 

ただ、2年勤めても雇用形態は「アルバイト」のままで、社会保険にすら入れませんでした。(当時は今ほど社保未加入に対して会社への厳しい目はあまりなかったのです)

 

ちゃんと正社員として働いて、社会人の仲間入りがしたい!

 

そう思い、退職をしました。

 

転職で大苦戦!なんとか地元企業で事務職デビュー

 

初めて経験した転職活動はかなりの苦戦を強いられました。というのも、この時の希望職種は事務職一本。経験がなく、ただ若いだけしか取り柄のないような子を採用してくれる企業はなかなかありませんでした。

 

もうだめだ。学歴もないし、わたしは社会に必要とされていないのかも…

 

かなり精神的に辛かったです。収入がないので気持ちに余裕もなくなるし、支払いは待ってくれないので貯金を切り崩して生活する日々に心が折れかかっていました。

転職活動ってなんだかんだお金がかかるものだと、この時初めて知りました。

 

当時はまだまだ不景気が続いていて、求人は即戦力を求めるものばかり。特に事務職となれば競争率が高く、面接まで言っても接客業の経験が災いして面接官の人たちと談笑をし「事務より営業の方が向いているよ」なんて言われてしまう始末。

 

この時「じゃあ営業をやってみようかな?」と思えれば良かったのですが、頑なに事務職にこだわり方向転換しなかったので、全部で19社からお祈り文書をいただきました。

 

もう後がない!これでだめだったら、別の仕事を考えよう…

そうして最後の最後に受けた地元企業でやっと採用をいただくことに!すごくすごく嬉しかったです。念願の正社員の営業事務として働くことになりました。

 

けれど、体調を崩して2年後には退職をすることに。以前記事にしたメニエール病が発症してしまったんです。

 

「メニエール病」という持病と向き合う

2017.09.03

 

情けなくて家族に対しても「ごめんね」が口癖になっていました。それが余計に症状を悪化させるという負のスパイラルに。

 

半年経ってようやく「仕方ない。これもわたしなんだな」と受け入れられるようになり、そこから少しずつ症状が改善していきました。

 

社会復帰後初の仕事は大手企業の営業事務

 

なんとか社会復帰をしたいけれど、また症状が出てきたらどうしよう?という不安からなかなか就職活動に踏み出せなかったわたしは、まず正社員という雇用形態ではなく派遣・契約社員で働いてみることにしました。

 

この時は、転職サイトなどをうまく活用して大手企業の事務職の求人を発見。ちょうど実家を出て一人暮らしをしてみたかったこともあり採用を機に挑戦の意味で、地元から少し離れた場所で新しい生活を始めることにしました。

 

新しい仕事に新しい生活。何もかもがゼロからで、友達もいなかったのですが職場は同世代の人が多くみんな向上心がすごくあったので、とにかく仕事が楽しくて仕方なかったです!

1番忙しくて、1番自分を高められた職場だったのでできることなら長く続けていたかったけれど、契約期間終了を迎え、そのまま退職しました。

 

今でもこの時に出会った人たちとはご飯に行ったり、遊びに行くほど仲良しです。わたしにとってとても大事な時間でした。

 

現在は、病院で医療事務職に

 

病気もそこまで怖がる必要はないとわかってから、今まで全く経験したことのない業種に挑戦したいと思い、医療事務の道に進みました。

 

今まで営業一色だったので、病院はとにかく全てが初めてだらけ。毎日軽症〜重症とあらゆる患者さんと接していますが、事務をしながら対人対応をすることにだいぶ慣れました。

 

日々めまぐるしく変化する状況の中で、元気になって帰宅される姿を見るのがいちばん嬉しかったりします。退職の日数が近づくたびに寂しいけれど、労働という意味ではきつかったからこそ達成感も。

 

残りの日数を気持ちよく迎えたいな、という気持ちと何も分からなかったわたしにゼロから教えてくれた周りのみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

人のためになることがしたい!

 

こうやって振り返ってみると、前職の営業事務では営業さんたちの秘書業務もしていたため、とてもやりがいを感じていました。そして今は、患者さんのためになるべく専門用語を使わず分かりやすい説明などを心がけています。

 

わたしは人と話すことがすごく好きで、自分の知らない世界を教えてもらえることがとても楽しく感じます。そして、わたしも誰かの役に立ちたい!という思いがとても強いのだとも思います。

 

今は本業の他にこうしてブログやライティングを通して反応をもらえることが嬉しいし、もっともっと磨いていきたい!とも思っています。

 

自分にやれることがあるなら、どんどん挑戦したい!もっともっと自分の経験値をあげていきたい!

 

新しい場所で、また会社員という道を選ぶかもしれないしフリーランスという道を選ぶかもしれない。もしかしたら両立を目指すかもしれません。

 

でもわたしは、必ず自分の知識や経験を底上げしてくれるところに身を置いていきたいな。「働く」っていろんな方法がある今だからこそ、妥協せずにライフスタイルを充実させるのが目標です。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

SHIORI

1990年生まれ。日本のまんなか、海無し県出身。お米の産地在住。興味のあることは数知れず、浅く広くなつまみ食いタイプです。デジタルをこよなく愛してます。