【開封レビュー】MacBook12インチ(2017)をとうとう購入!




 

こんにちは!SHIORIです。

今までSONYが出した最後のVAIO15インチを使っていたのですが、2kg以上あったためとにかく重い。

その重さから開くのさえ億劫になってきたところへ、とうとう過度な負荷をかけすぎてしまったせいなのかファイルが吹っ飛ぶという大惨事を迎え、ずーっと悩んでいたMacBook12インチをとうとう購入しました。

早速開封レビューをお届けします!

 

 

MacBook12(2017モデル)が届いた!

 

もともとVAIOを使う前はMacBook Proを使っていたため、mac OSには馴染みがありました。ただ今回は、複業でWebライターもやっているためモバイル性能を重視。その結果、MacBook Pro13インチかMacBook12インチのどちらかに絞られました。

 

MacBook Proの方がインチ数が大きい上、CPUもcore iシリーズを積んでいます。スペック的に申し分ないだけでなく、価格がMacBookと同じというのは大変な悩みどころでもありました。

 

けれど、今回の1番の購入のきっかけはモバイル性能。そこで重量が1kgを切っているMacBook12インチに決めました。カラーバリエーションが4色展開だったのも決め手のひとつです。

 

 早速開封!

 

MacBook12インチの梱包状態

 

購入後わずか2日程で手元に届きました。とにかく受け取ってからテンション上がりまくり!しっかりと化粧箱がハマるダンボールに梱包されて届きました。MacBookのフォントだけでもかっこいい。

 

MacBook12インチの化粧箱

 

カラーは悩みに悩んだ結果、他にはないカラーにしたいと思いローズゴールドに。CPUはデフォルトのCore m3では心許ないかも、と思いCore i5へカスタマイズしています。メモリは16Gへ上げるか悩みましたが、8Gでもとりあえずいけるかな、とそのままに。

 

化粧箱を見ただけで気分が高まる製品ってなかなかないよなあ、とつくづく思わせてくれます。

 

 

 

早速化粧箱から開封!

 

今回は、ローズゴールドを購入!

 

開けた瞬間に思わず「可愛い!」と声が出ました。

明るすぎない落ち着いたカラーで、女性向けかと思いきや男性でも違和感なく持てそうです。あ、わたしは女の子ですが。

 

MacBook12の底面

 

こちらは底面画像。写真では分かりづらいですが、ネジ部分までローズゴールドカラーでとにかく細部まで抜かりなくデザインされています。

 

USB-Cポート側

 

こちらはMacBookを開いて左側にあるUSB-Cポート側。ポート1つのみで他は何もありません。この仕様には賛否両論ありますが、わたしはそこまで拡張性を求めていないのでこれで良いかなと思っています。

 

今はアクセサリもかなり流通してきているので、必要ならそちらを購入しようかな、と。

 

イヤホンジャック側

 

こちらは右側のイヤホンジャック側。イヤホンジャック以外はなにもありません。本当に必要最低限のものしかないのが、MacBook12の特徴とも言えるかな?

 

サイドを見てとにかく感動したのがその薄さ。13.1mmの薄さは手にとってこそ感じます。この薄さのなかによくこんなにもスペックを詰め込んだなあ、と感心してしまうほど。

 

ディスプレイ部分

 

ここまで薄すぎるとありがちなのが、パソコンを開くときに片手でキーボード側を抑えないとうまく開かないこと。ですがMacBookにその心配はありません。片手で簡単に開くことができ、キーボード側はしっかりと底面についたまま。

 

こういう小さなことですが、日々使うとなると小さなストレスになる部分も、当たり前のように解消してくれています。

 

ヒンジ部分

 

ヒンジ部分は余分なものが一切ありません。けれどしっかりとしており、ディスプレイ部分を支えてくれています。

 

 

画面を開いてみた!

 

画面を開くと、自動で立ち上がる

 

Macは画面を開くと自動で起動し、システムが立ち上がるようになっています。このリンゴマークが表示されるとまた気分が盛り上がるのはわたしだけかな?

 

ローズゴールドカラーですが、キーボードは従来と同じくブラックなのでなんとも言えない大人な雰囲気のあるパソコンに仕上がっています。高級感が溢れている感じ。

 

 

キーボードは確実に進化しています。

 

日本語配列のキーボードを選択

 

MacBook登場以来、その薄さを追求するために新たに登場したバタフライ構造の新キーボード。2016モデルではその感覚に否定的な意見も多く見られました。

 

実際、わたしも店頭でチェックをした時は「これは慣れないかも」と思ったのが正直なところ。ですが、2017モデルは違います!!さすがに改良した、というだけあってクリック感はしっかりとあり、薄いながらもしっかりと指先に跳ね返す感覚がクセになります。

 

店頭にある展示モデルは2016モデルである場合もあるので、気になった方は店頭スタッフに確認してみることをオススメします。

 

 

オプション品はこちら

 

オプション品は3点のみ

 

MacBook本体の下にACアダプタとケーブル、そして写真にはありませんが(ただ撮り忘れちゃっただけ)いつものAppleステッカーが付属。ステッカーもローズゴールドという可愛さに終始やられっぱなしです。

 

 

実際購入してみて

 

購入するまでにかなり悩み、1ヶ月以上毎日レビューを読み漁る日々を過ごしていましたが、いざ購入するとなんでもっと早く購入しなかったんだ!と思えるほど満足度が高いです。まだ購入してから日が経っていないので、ガンガン使ってから再度レビューをしようと思いますが、購入直後の幸福度はかなり高めです。

 

ただ、MacBook12インチは使用用途によっては人を選ぶ製品にもなりえます。ノートPCに1番何を求めているのか、自分自身の使い方はどんなものを想定しているのかをはっきりさせておかないと後悔してしまうかも。意外に万人受けではないだろうな、というのがこのMacBookの印象です。

 

わたしと同じようにモバイル性能を重視している方には、とにかくオススメ!非力すぎるわたしですら片手でひょいひょいっと持てます。感覚としてはiPadを持っている感覚に近いかな。いつでも場所を選ばずPCを開くことができるようになったので、圧倒的に使用頻度が上がりました。いつでも気軽にPCを使いたい方には満足できる製品になりそう。

 

MacBookの購入と同時にケースも購入したので、またこちらもレポします!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

SHIORI

1990年生まれ。日本のまんなか、海無し県出身。お米の産地在住。興味のあることは数知れず、浅く広くなつまみ食いタイプです。デジタルをこよなく愛してます。