Ragriで野菜を育ててみたら本当に送られてきた!




 

楽天が新しいサービスを開始!

楽天が始めた新サービス、Ragri。楽天+アグリカルチャー(農業)を掛けたこのサービスは、バーチャル畑で野菜のお世話をすると農家さんが実際にそのお世話を自身に代わってしてくれ、収穫時期になると送ってくれる、というもの。

最初はなんだか分からない上に、バーチャル畑で育てて何が楽しいねん…と疑っていたものの「今だけキャンペーン」なんて文言に釣られて、気付いたら申し込んでいました。

 

まずはどの野菜を育てるか決める

Ragriは楽天アカウントを持っている方であれば、簡単に始めることができます。楽天アカウントを持っていない方は、まずはアカウントを作成しましょう。

楽天アカウントからログインしたら、まずは育てたい野菜を決めます。今育てられる野菜はこんな感じ。

※一部抜粋

葉物野菜から根菜、野菜に玄米まであってどれにするか迷ってしまうところ。わたしは、水菜を選んでみました。(執筆現在ではなくなってしまったようです)野菜を選ぶと、栽培の難易度やおすすめのレシピ、栄養素などが表示されます。せっかく育ててもどう調理したら良いか分からない…なんてことがないので、事前に分かるのは嬉しい!保存方法まで教えてくれるので、今後野菜を買うときにも役立ちます。

 

 

育ててくれる農家さんを選ぶ

野菜を決めたら、次はリアル畑をお世話してくれる農家さんを決めます。そうです。Ragriはユーザーがバーチャル畑をお世話をし、それに連動してリアル畑を農家さんがお世話してくれるのです。ここは一緒に育ててくれるパートナーを選ぶような感覚ですね。農家さんは顔写真付きなので、どんな人なのかも分かりやすくなっています。動画がある農家さんは、さらに安心感がありました。

無農薬、無化学肥料、有機肥料、除草剤不使用などどんな育て方をする農家さんなのかがパッと分かるようになっているところも、ポイント高し。やっぱり体に良いものを食べたいですもんね。

 

料金は収穫までの分を支払う

農家さんを選ぶと、収穫までにかかる料金が表示されます。支払い回数がきちんと出るので、月額料金とは違って収穫した後も勝手に引かれていた、なんてことがないところも安心ポイント。

初回は、タネ・ナエ料+栽培料がかかりますが2回目以降は栽培料のみになっています。こんな風に明細がきちんと表示されるので分かりやすいですね。作物の生育は環境によっては栽培期間より長くなることも。その場合でも追加の栽培料は発生しないので、金額以上のものは発生しません。

 

ただし、支払い方法はいまのところカード決済のみになっています。

収穫量は野菜が最低ユニット数が3、最大ユニット数が6となっていました。玄米などのお米は5kgから10kgのようです。最低数が決まっているので、全くもらえないということはないですよ。

 

いよいよ栽培開始!

支払いが完了すると、早速バーチャル畑のお世話ができるようになります。

バーチャルでできることは以下の3つです。

・お水をあげる

・肥料をあげる

・草取り

3つとも作物を栽培するのに適切な数値の指標が出ているので、最適な環境に近づくようお世話をすれば良いのでとても簡単です。水やりや肥料はちょっとずつ数字をあげる方法からドカン!とあげる方法まであります。ただただお水や肥料を毎日あげていればいいわけではないので、毎日今日はどんな感じかな~と様子を見にいくのがとっても楽しみになります。

 

嬉しい農家さんとのやりとり

最初に農家さんを選ぶのですが、農家さんと直接のやり取りをすることはありません。その代わりに、タネを植えた時や芽が出た時などに写真付きのメッセージを送ってくれます。これがなんだかとっても嬉しい。バーチャルだけだとどんな様子なのかは分からないし、本当に育てている感覚も正直ありません。けれど、自分が毎日せっせとちっちゃなお世話を農家さんにお願いをし、そのお世話をリアル畑で農家さんがやってくれて、作物の育成具合が見れるので飽きることもなく「次の写真まだかな?」なんて楽しみになっていました。

実際、わたしはハコニワゲームなど育成ゲームがたまに無性にやりたくなるのですがすーぐ飽きる。1週間続いたら良い方かも。Ragriもきっとそうなるんだろう、という気が少なからずありましたが、写真と農家さんの温かいメッセージを初めて受け取ってからはバーチャル畑に行くのが日課になっていました。お金も払っているしね。スーパーで買うよりも新鮮な野菜を最大ユニット数もらうんだ!!という気持ちがむくむくと沸き上がっていました。

 

 

実際に野菜を送ってもらったよー!

Ragriを始めてから2ヶ月弱。毎日お世話をしたわたしの水菜ちゃん。どんな結果だったかというと…

どーん!最大ユニット数の6袋いただきました!!

 

嬉しい!箱をあけると新鮮な水菜がとても丁寧に梱包されていて、初めて野菜の宅配で感動しました。もう暑くなっていたので、新鮮なまま傷まないよう配慮されていたのも嬉しかった!バーチャル畑で育てただけなのに、農家さんと一緒に頑張ったかのような感覚に。ありがとう、と本当は農家さんにメッセージを送りたかったのですが、その方法はなかったので心で強く感謝しました。

クール便で届けてもらいましたが、送料は無料でした。これ、小さなことかもしれませんがすごく大切なポイントです。クール便だと送料もバカにならないですもんね。

 

送ってもらった野菜はシャッキシャキ!

届いた当日にサラダにして頂いたのですが、すごくすごく新鮮。

シャッキシャキで野菜ってこんなに美味しいんだ、とここでも感動。家族もパクパク食べてくれて、あっという間になくなりました。スーパーで買った野菜とは違って思い入れがあるので、完食してくれると嬉しいですね。オーガニックなので生でも安心して食べられます。次はどんな調理にしようかな、なんて楽しみも。パスタにスープに、なんてレシピ検索をすることが多くなりました。

 

 

Ragriはバーチャルとリアルをつなぐ新しい農業のカタチ。

新鮮な野菜が身体に良いことは知っているし、食べられるなら食べたい。でも実際に自分で育てるとなると大変だし、知識もお金も時間もかかる。

Ragriはネットの向こう側に実際に農家さんがいて、自分の代わりに大切に野菜を育ててくれる過程が写真で見れます。こんな風に生産者と消費者が繋がれるのはすごいな、と思いました。農家さんも若い世代の人たちが多く、応援したい気持ちが強くなります。

このサービスは、お子さんのいる家庭はもちろん、ぜひあまり野菜を摂る機会の少ない若い世代の人たちに使ってほしい!美味しい野菜を食べると気持ちまで明るくなりますよ。仕事で詰まった日にホッと一息、野菜を食べてみませんか?

 

Ragriはこちらから始められます。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

SHIORI

1990年生まれ。日本のまんなか、海無し県出身。お米の産地在住。興味のあることは数知れず、浅く広くなつまみ食いタイプです。デジタルをこよなく愛してます。